医療機関の問題点について

 遷延性意識障害患者の方は、いくつかの医療機関を転々として、介護できるご家族がいる場合には、最新の介護機器を揃えて、自宅で介護するというケースが多いようです。

香川・高松でも同様に考えられます。

病院などの医療機関では、診療点数などの理由から3か月をめどに退院や転院を促すことがあります。

また、寝たきりの患者様を長期間置いてくれる病院は少なく、自宅から近い病院を探すのは非常に困難です。

今回は遷延性意識障害における医療機関の抱える問題について考えてみます。

 

診療点数によって3か月もすれば転院を迫られる

「急性期は過ぎたので、長期療養型の病院への転院を考えてください」という趣旨のことを医療機関から言われた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

入院前に次の転院先を聞かれることもあるようです。

この転院を勧められる原因として、健康保険の診療点数が入院して3ヶ月以降は下がってしまうことが挙げられます。

病院も経営していかなければならないので、やむを得ず退院や転院を迫ることが多いのが現状です。

また、転院先に関しても、ご家族が介護をしながら自力で探されなければならないことが多く、非常に苦労します。

 

症状固定後の患者を長期間置いてくれない

遷延性意識障害の症状固定後の治療については、治癒を目的とした積極的治療ではなく、生命維持を目的とした治療が中心となります。

そして、前述した現在の保険診療点数制度では、リハビリ主体の長期療養型病院はほとんどありません。

そのため、自宅での介護を余儀なくされる患者様が多数います。

遷延性意識障害患者とご家族の中には、50か所以上の医療機関をあたっている方もおられます。

それでも、やはり自宅から近い病院を見つけるのは非常に難しく、全国の病院を転々としているのが現状です。

 

このような理由から、在宅看護に切り替える患者やご家族の方が多いのです。

自宅での介護へ移行する際には、リフォームやリハビリ知識の習得など、かなりの準備と労力が必要となります。

 

遷延性意識障害患者の診療機関・方法が限られる

遷延性意識障害の患者を専門に診察している医療機関は少なく、大都市でもなかなか見つからないのに、地方都市ではないということがあります。

 

また、遷延性意識障害の患者は、自立歩行することが出来ませんので、車いすないしは運搬用ベッドで病院に通院することになりますが、自家用に福祉車両を持っていることは少ないので、医療専門のタクシー会社などに依頼しなければいけないため、費用が通常よりもかかります。

 

そのため、自宅で介護をしている場合には、往診と言う形で医師に来てもらうケースが多いのですが、小さな診療所などでは往診をしていないところもあり、困ることがあります。

福祉のケースワーカーに相談すれば、往診をしてくれる医師を紹介してもらえますが、患者の様子を家族に問診したり、聴診器や血圧計などによる簡単な検査をしたりと、医療器具のそろっている医療機関とは違い、どうしても簡易なものになってしまいます。

 

ですが、普段から来てもらっているという気持ちが強くなり、「ちょっとしんどそうだけど、わざわざ往診に来てもらうのは気が引けるし、ましてや救急車を呼ぶのは大げさすぎる。」と介護者が遠慮をしてしまい、誤嚥による肺炎をこじらせたというケースもあります。

しかし、こういう時のためにかかりつけ医がいるのですから、電話で診療や往診の依頼して、指示があれば迷わず救急搬送してもらうようにしましょう。

 

医療機関もこういった現状を憂い、いろいろと働きかけはしていますが厚生省では医療費削減のため消極的で、現在の医療制度も毎年のように細かく改変されていますので、常に情報を仕入れるようにしなければなりません。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

どこまで回復するのか?

脊髄後索電気刺激療法で、積極的に治療出来る?

 

無料相談

ページの先頭へ