交通事故の過失割合

 交通事故により怪我人が発生した場合、事故における責任の割合である「過失割合」が問われます。

具体的には、その交通事故の状況を過去の判例などと照らし合わせて決めていきます。

この過失割合に応じて、損害賠償の金額は減額(過失相殺)されるので、過失割合の考え方や争点となるポイントを分かりやすく解説いたします。

 

過失割合は誰が決めるのか

そもそも過失割合は誰が決めるのでしょうか。

過失割合は保険会社や警察が勝手に決めるものではありません。

警察は民事事件には関わらないという「民事不介入」の原則があります。

ですので、警察の方が示談交渉に参加してくることはありません。

但し、警察が作成する供述調書や実況見分調書は、過失割合を考えていく上で活用されます。

一方、保険会社には示談代行サービスがあることがほとんどです。

保険会社は過失割合が決まらないと保険金を支払うことができないので、過失割合の調査や提示を積極的に行い、示談交渉を進めようとします。

しかし、保険会社が提示してきた過失割合が絶対に正しいという訳ではなく、加害者と被害者との双方が納得して、過失割合は初めて決まります。

感情的に主張しても過失割合は変わる事はありません。

相手方の過失割合はもっと高いという根拠を冷静に指摘して交渉していく必要があります。

 

過失割合の問われ方

通常、過失割合は判例タイムズ社が出版する「民事交通訴訟における過失相殺率の認定基準」という本をもとに考えられます。

この本には事故形態の大まかな図があり、基本の過失割合が記載されています。

実はその図の下に修正要素という、基本の過失割合を増減するような違反行為について書かれた項目があります。

この修正要素は揉める元となることが多いため、保険会社は事故当事者に対して明示することはありません。

過失割合を決める際にこの修正要素を押さえておくと、有利に話を進めることが出来ます。

それは損害保険会社の主張に対し、説得力のある意見をすることができるためです。

 

具体的な過失割合―歩行者と自動車の場合

日本では、歩行者は交通弱者として、過失割合が保護される傾向があります。

遷延性意識障害患者の交通事故では、歩行者対自動車というものが多いそうです。

今回は歩行者と自動車の交通事故において、加算あるいは減算要素となりうる場合を以下に挙げてみます。

 

・横断歩道(信号機がない場合・信号機があり歩行者信号が青の場合)

基本的には、自動車側の過失が100%となります。

横断歩道では歩行者が絶対的に優先されるからです。

歩行者側に過失が認められることはほとんどありません。

 

・幹線道路

自動車などの通行が頻繁である道路を横断あるいは通行する際には、歩行者は通行する自動車などに対して注意を払い、安全確認を行う必要があります。

また、道路を通行する自動車は、他の車との接触を避ける必要があるので、歩行者を回避する余裕が少ないと判断されます。

したがって、歩行者の過失割合の加算要素となることがあります。

 

・夜間

通常、夜間に自動車が走行する際にはライトを点灯しています。

ですので、歩行者は自動車を発見しやすいと判断されます。一方、自動車側からは歩行者の発見が難しいとされます。

したがって、歩行者に過失割合が加算される要素となることがあります。

 

・幼児や児童、高齢者

歩行者が幼児や児童、高齢者である場合、行動能力や視野が比較的狭く、歩行速度も遅いものと判断されます。

したがって、自動車側は注意を払って運転すべきであると考えられます。

被害者がこれらの歩行者にあたる場合、歩行者の過失割合が減算される要素となります。

 

・住宅街や公園、商店街など

上記の場所では、歩行者の通行が頻繁であると考えられるので、当然、自動車側は注意しなければなりません。

したがって、歩行者の過失割合の減算要素となります。

 

具体的な過失割合―自動車と自動車の場合

自動車同士の場合、お互いにスピードが出ている場合には想像以上の大きな事故となることがあります。

走行中の事故の場合、目撃者がいないことで両者の言い分が大きく異なることが多いです。

そのため、最近ではドライブレコーダーを取り付け、自衛しているドライバー多くなっています。

 

自動車と自動車の交通事故において、加算あるいは減算要素となりうる場合を以下に挙げてみます。

 

・信号のある交差点(自分が青信号・相手側が赤信号無視の場合)

基本的には、相手側の過失が100%となります。

ただし、信号の変わり目などで強引に侵入した場合などは、減算要素となる場合があります。

 

・交差点での右折車との事故(自分が直進・相手側が右折対向車の場合)

直進車が優先であるため、右折対向車の過失割合は大きなものになります。

しかし、直進車の方も右折車が待機していることを見越して、安全な速度と方法で走行する義務がありますので、過失割合を負うこととなります。

信号のあるなしは過失割合の加算・減算に影響が少ないようです。

 

・信号のない交差点での直進車と右からの直進車の事故

同程度の幅員の道路の交差点の場合、自分から見て左から来る自動車の方が優先となります。

そのため右側から来た自動車の方が、過失割合が大きくなります。

しかし、優先道路であったり、幅員が大きい場合には、そちらの方を走行していた自動車の過失割合は減算されます。

また、一旦停止の標識があったり、丁字路で割り込むように入る場合は、そちらの自動車の方の過失割合が加算されます。

 

・駐車中の自動車への衝突

基本的に衝突した自動車の過失割合は100%となります。

ですが、駐車禁止区域内の駐車や、坂の勾配・交差点付近・トンネルなどでの駐停車、停車灯やハザードランプの点灯をせずに駐車していた場合などは、駐車中の自動車にも非があるとされ減算の対象となります。

 

交通事故でお悩みの方は、香川・高松の当弁護士事務所までご相談ください。

フリーダイヤルで、ご相談を受け付けしております。

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

後遺障害認定の流れとは・・・

交通事故による死傷を幅広く補償してくれる人身傷害補償保険の利点と特徴とは・・・?

 

無料相談

ページの先頭へ