相手車両が自分に有利な証言 弁護士に真実を明らかにしてほしい

■交通事故で夫は意識不明 相手車両の運転手は夫に不利な証言をした

自家用車を夫が運転してショッピングセンターに行く途中、交差点内で出会いがしらにミニバンと衝突しました。

相手の車が交差点内を猛スピードで通過したので夫の車は大破し、意識不明の重体となりました。

病院に救急搬送されて治療と検査を受けた結果、遷延性意識障害と診断されました。

意識はなく、ほぼ一生寝たきりの生活が続くと説明され、今後の生活のことを思うと途方にくれました。

 

なにより、夫が通行中の道路が青信号のはずだったのに、相手の車は自分の側が青信号だったと言い張り、主張が真っ向から対立しているのです。

でも、夫は遷延性意識障害なので、自分の意見を言うことができません。

私は同乗していなかったので意見を述べることもできず、困り果てました。

このままでは、夫が加害者扱いされてしまいます。

 

■香川・高松の弁護士に夫の弁護を頼むことにした

交通事故の話し合いで悩んでいた時、たまたまインターネットで、交通事故の被害者は弁護士に相談した結果話し合いがうまく進んだという話を読みました。

私は、交通事故に詳しい香川・高松の弁護士を探して、本当は交通事故の現場で何か起きたか調べて相手車両の運転手のウソを暴いてもらいたいと訴えました。

 

交通事故で遷延性意識障害になると、交通事故で被害を受けた本人が現場検証に立ち会ったり、警察に交通事故が起きたときの状況を説明できないので、私たちのように、相手車両の運転者が自分に有利に話を進める可能性があると思います。

そうなったら、被害者なのに加害者扱いされて、慰謝料を受け取る側から払う側になりかねません。

私は、弁護士と一緒にこれから交通事故の現場で何が起こったか、真実を明らかにしていくつもりです。

 

 【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報

交通事故でなった時の慰謝料における相場とは?

症状とは、どのような状態を言うのでしょうか?

 

無料相談

ページの先頭へ