被害者請求は、金銭的に余裕がなくなった場合に行なうことが出来る?

重大な交通事故に遭い、ご家族が遷延性意識障害になった場合、介護やリハビリ費用、車椅子生活をするために自宅のリフォームなどにお金を使う必要があります。

すぐにお金が必要で、裁判をする時間的、金銭的余裕がないという方もいらっしゃるでしょう。

そのような場合に力になってくれるのが、自賠責保険会社に対する被害者請求です。

 

加害者側が交通事故の被害者に補償をした後で、自分の加入している自賠責保険から保険金の支払いを受けるというのが本来の形です。

しかし、加害者側が被害者に支払いをしないような場合は、被害者が不利益を受けます。

 

そこで、被害者請求といって、被害者は加害者側の自動車が加入している自賠責保険会社に損害請求ができる制度が定められています。

 

遷延性意識障害の場合、介護を要する後遺障害 1級に該当するので、4000万円が支払われます。

被害者側にも過失割合があっても、交通事故被害者に有利に支払い基準が定められており、支払いも迅速です。

 

このように、裁判の前に加害者側が加入している自賠責保険会社に被害者請求をすることは、遷延性意識障害のご家族の生活の支えとなります。

 

被害者請求をするにあたっては、医師の診断書をもとに後遺障害の等級が認定されます。

後遺障害の認定によって保険金額が大きく変わってくるので、後遺障害認定は十分資料を準備して慎重に行ってください。

 

お困りの事があtれば、香川・高松の弁護士にご相談ください。お問合せはお電話でも受け付けております。

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

症状とは、どのような状態を言うのでしょうか?

患者の生活費控除は認められますか?

 

無料相談

ページの先頭へ