交通事故で遷延性意識障害になった時の慰謝料における相場とは?

香川・高松での交通事故で遷延性意識障害(植物状態)になった時に、保険会社に請求する損害賠償のうちの慰謝料について述べます。

 

交通事故によるケガで受けた損害には、財産権の損害それ以外の損害があります。

例えば、ケガをしなければ働き続けて得ていたであろう収入を得れなくなったのは、財産権の損害です。「慰謝料」は、精神的または肉体的苦痛によって生じた損害の賠償金です。

 

精神的、肉体的な苦痛は人それぞれであることは想像に難くありません。ですから、慰謝料は交通事故で遷延性意識障害になった人ごとに異なる金額になるはずです。

同じような種類の事件の処理を公平にかつ迅速に処理するため、裁判の判例の定額化の努力が進められてきました。

 

こうして、現在では、交通事故の損害賠償は、慰謝料に関してだいたいの金額が形成されています。

 

この、一般的な目安となる慰謝料の金額がいわゆる「相場」という呼び方をされているものですが、法律で決まっているわけではなくあくまでも過去の判例に基づいた額なので、実際のケースでは相場より高いこともあれば安いこともあります。

このことが、遷延性意識障害の方の損害賠償請求で、患者さんの家族が賠償額に納得がいかずに訴訟となる原因です。

 

保険会社が提示する損害賠償額のうち、慰謝料に関しては、過去の判例を知っていなければ、「相場」と同程度であるか、もしくは低く見積もられているのかわかりません。

一般の方は、交通事故の賠償請求額の判例について情報を得ることは困難と思われますので、損害賠償額が妥当かどうか知りたい場合は、交通事故に詳しい香川・高松の弁護士にお問い合わせください。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

積極損害とはどんな損害なのでしょうか?

交通事故の場合の慰謝料は、3つの種類があります。それは・・・

 

無料相談

ページの先頭へ