本人の休業損害の補償

休業損害とは、交通事故で遷延性意識障害などの傷病を負ったために仕事を休業した場合に支給される保険金です。

ケガの治療を終えるまで支払われるのが基本ですが、遷延性意識障害の場合は、完治がむずかしく、体の一部の機能を失ったままであるケースがほとんどです。

そのため、遷延性意識障害と診断された場合は、症状固定の時期を目安とします。

症状固定前に発生した就労不能や、通常の就労ができないことによる収入の減額を補償します。

 

では、交通事故に遭わなかったとしても収入を得られなかった場合や、収入が減らなかった場合はどのようにみなされるのでしょうか?

実質的な収入減がない場合や、事故にあわなかったとしても収入が得られない状態にある場合、休業損害は支給されません。

ただし、主婦や主夫は、家事労働をしていても現金収入がなくても家事労働者でとみなされ、相当の休業損害が支給されます。

 

ただし、家事従事者とは、自分以外の家族のために家事をする人のことです。

ですから、自分のために家事をしている場合は、家事従事者としての家事には含まれないので、一人暮らしで家事労働をしているという主張は認められません。

交通事故で遷延性意識障害と診断された場合の休業損害についてお悩みの場合は、香川・高松の当事務所の無料相談をご利用ください。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

患者様の平均余命と賠償金額の問題とは?

現状を維持するために大切な「3つの治療方法」とは?

 

無料相談

ページの先頭へ