弁護士への相談と依頼のタイミング

交通事故の被害者およびそのご家族の方が弁護士に相談されるタイミングには色々考えられます。

例えば、保険会社から保険の支払いを打ち切られた場合や、後遺症が残る心配がある場合などがあります。一般的に、弁護士への相談は早ければ早いほどよいとされていますので、相談の時期としては事故直後がベストです。

 

事故直後は、事故現場の押さえ方や警察の事情聴取などに注意しなければなりません。また、治療期間中の主治医との付き合い方、後遺障害認定のため必要な検査事項というものも重要となってきます。

弁護士は、そういった被害者が直面する問題に対して的確なアドバイスをすることができるので、その後の最終的な解決を有利に進めることができる場合も多いです。

 

弁護士への依頼の時期は、まずは治療が始まってすぐです。

一般的に交通事故の被害にあった場合、相手方の加入している任意保険の保険会社の担当者と、治療費や休業補償の仮払いなどについて交渉します。その判断が適切かどうか、香川・高松の弁護士にご相談下さい。

 

次は、医師が書いた後遺障害診断書を提出する前がよいでしょう。医師の職務は治療することであり、被害者の後遺障害等級認定を保証することではありません。さらに、後遺障害等級に関して適切な知識を備えている医師はあまり多くありません。

したがって、十分な後遺障害診断書を作成してくれる医師は非常に少ないという現状です。

そのため、保険会社に求められるまま、後遺障害診断書を受け取ってすぐに保険会社へ送付してしまうと、適正な後遺障害等級が認定されない場合があります。後遺障害診断書を提出する前に、後遺障害診断書が適正な内容であるか、必要な検査に漏れがないか、などの判断を弁護士に依頼することをお勧めします。

 

保険会社からの補償額を提示される際にもご相談下さい。相手方の保険会社はできる限り低額の示談にまとめようとします。不利な示談のために、泣き寝入りをしている被害者の方大勢いらっしゃいます。

保険会社から示談金の提示があったら、提示された示談金が適正か否か判断してもらうことをお勧めします。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

交通事故でなられた場合の損害賠償の相場とは・・・

積極損害とはどんな害?

 

無料相談

ページの先頭へ