福祉施設の抱える課題

香川・高松でも、現行の医療保険では病院を転々とせざるを得なくなり、まだまだ医療域にあると考えられる場合でもご家族はしかたなく在宅を決意します。

往診や訪問リハは制度としてはあるものの、実質的には往診の医師は地元の内科医であり、訪問リハに来て下さる療法士は皆無に近いのが現状です。

福祉施設においては、爪切りや痰の吸引などの医療行為ができないことを理由に、入所に難色を示されることがあるようです。

このため、在宅での介護を余儀なくされている方がほとんどです。

常に介護を余儀なくされるご家族の肉体的・精神的負担は甚大なものです。

それでは、福祉における問題についても説明します。

 

・介護福祉士には認められていない医療行為がある

介護福祉士に付き添い介護を依頼したとしても、介護福祉士には法律上認められていない医療行為があります。

それについては下記に示しましたが、こういった医療行為はご家族の方が行わなければいけません。

そのため、付き添い介護を委託したとしても、ご家族の方が付き添っていなければならず、常に緊張を解くことができない状態にあります。

また、医療行為のできる訪問看護を利用するにしても、時間当たりの単価はヘルパーより高くなります。

 

・介護福祉士にはできない医療行為

床ずれの処置 爪切り 痰の吸引 酸素の吸入 経管栄養 点滴の抜針

インスリンの注射投与 摘便 人工肛門の処置始末 血圧測定 内服管理

軟膏・シップなどを貼ったり塗ったりする行為 口腔内の掻き出し

食事療法の指導 導尿 留置カテーテル管理 膀胱洗浄 排痰のケア

気管カニューレの交換 気管切開患者の管理指導 点眼 座薬 浣腸

 

福祉施設で遷延性意識障害の患者様に対して医療的なケアをするためには、看護師が常駐していなければなりません。

しかし、看護師が常駐していない介護福祉施設からは入所を断られたり、そもそも近くに適切な施設がなかったりすることから、自宅での介護を余儀なくされている患者の方が大勢います。

また、自宅での介護へ移行する際には、最新の介護機器を揃えることや、リフォームやリハビリ知識の習得など、かなりの準備と労力が必要となります。

 

・在宅介護において

訪問看護師や介護福祉士に24時間滞在型のケアを依頼することは、通常は金銭的な問題から事実上不可能でしょう。

少なくとも夜間から早朝にかけては、ご家族だけで介護を行う必要があります。その介護内容は、「2時間おきの体位交換」「導尿」などの緊張を強いられるものであり、ご家族の方は十分な睡眠をとることができず、体を壊される方が多くなるのが実情です。

日常時に一番大変なのが痰の吸引です。一晩に何度も起き出して吸引をしなければならないことも少なくありません。

定期的に吸引しないと誤嚥性肺炎や窒息の危険があり、24時間、常に緊張して気が抜けません。

 

愛する家族を自宅で介護したいとしても、ご家族には精神的・体力的にかなりの負担となります。

このように医療・福祉のいずれも十分ではない状況下で、ご家族は回復の道を信じながら日常生活を送っています。

 

・福祉施設・在宅介護どちらがよいのか?

遷延性意識障害の患者および家族の中には、在宅介護をメインとして短期的に福祉施設を利用されている方もいます。

 

介護をしている家族の入院や体調不良などで、「1カ月だけ」「3カ月だけ」と言う形で福祉施設を利用することは認められています。

また場合によってはケースワーカーのほうから、在宅介護でストレスが溜まり心身ともに疲れ果てているご家族をみて、短期の入所を進めるケースもあります。

 

介護をしている家族の中には、「自分が息子の世話をしなければ!」「他人に任せるなんて迷惑だし、とんでもない。」と、責任感から短期入所を拒まれることもありますが、介護する側が健康でいなければ、共倒れとなってしまいかねません。

それに、疲れていては十分に介護も出来なくなってしまうこともあり得ますので、短期入所を利用することを悪いことととらえるのではなく、「リフレッシュして、またきちんとお世話をしてあげよう」と気持ちを切り替えるきっかけととらえる方がよいかもしれません。

 

福祉施設・自宅介護ともに一長一短があるため、どれが正解でどれが間違っていると一口に言えるものではないのですが、普段からケースワーカーや遷延性意識障害の家族会などで、より自分に合った福祉施設の情報を取り入れる必要が高いといえます。

 

ですが、家族が望んでいるからと言って、福祉施設に入所できる空きが常にあるとは限りません。

むしろ、短期入所であっても何カ月待ちと言うことも、地域によってはあり得ますので、「ちょっと、自分の体調が悪いな。」「ケースワーカーの人から、短期入所の申し込みをとりあえずしておくように勧められたけど、どうしようかな?」と言う場合には、早めに申し込みだけはしておいた方がよいといえます。

 

 

【合わせてお読みいただくとお役に立つ情報】

患者様に対する医療機関の問題点とは?

どこまで回復するのか?

 

無料相談

ページの先頭へ